忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 10:56 |
iPhone × YouTube は貧弱な Safari への免罪符?
iPhoneは多くの人の予想通り好調な売り上げを続けているらしい。
このブログは発売のニュースをスルーしてしまったけれども・・・(汗)

iPhoneに発売直前に追加された機能が、
YouTubeの閲覧機能である。

筆者は以前、このブログの前身であるMacEnhancerにて、
LANでの写真・動画共有機能であるBonjourが、
外向けの機能として進化して、
出先での動画の閲覧が可能になればと書いたことがある(記事)。

所有するデータのLAN外での容易な参照は依然実現していないけれども、
YouTubeにiPhoneが対応したことは、
言わばどこでも動画が見れる状況が実現したわけであり、
仮にYouTubeに自分の動画を置いておけば、
出先にて容易に自分の動画を視聴することができるのだから、
自分が願っていた形に少しだけ近づいたことになる。
(尤もYouTube上にテレビ番組等をアップロードすることは
現在の日本においては非常に問題となっているが)

◆◆◆◆◆

ただiPhoneがYouTubeに
敢えて対応しなければならなかった理由は、
即ちiPhone標準搭載ブラウザであるSafariがFlash/JAVAに非対応であるからだ。
FlashやJAVAに対応していたらSafariでYouTubeの閲覧がそのまま出来たはずだ。

YouTubeに対応させましたと言うと便利さに拍車がかかった様にも思うが、
逆に言うとiPhoneのSafariにYouTubeを対応させるのが
難しいということの裏返しな様な気もしないでもない。

iPhoneユーザーはiPhoneを非常に使いやすいとしつつも、
貧弱なウェブブラウジング機能を嘆いているようだ。
(ITmediaの記事)

というわけで個人的にAppleに望みたいiPhoneの機能強化は、
Safariの改善である。
iPhone日本上陸の日(?)までに是非SafariをJAVAとFlashに対応させて欲しい。
PR

2007/07/18 20:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | iPhoneのはなし

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<iPodのラインアップが刷新 | HOME | BOSE M3でオーディオシステム>>
忍者ブログ[PR]