忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 10:51 |
BOSE M3でオーディオシステム
bosem3

BOSE M3を手に入れた。
正確にはMicro Music Monitorという名前のスピーカーだ。

このスピーカーは昨年春に発売されたと同時に、
多くの注目を集めていた。
手のひらサイズのスピーカーで果たしてどれだけの音が出るのだろうか。
筆者もMacBookのスピーカーシステムとしてM3が大変気になっていたが、
5万円に届くか届かないかという高価格、おいそれと手が出せなかった。
またApple Storeで視聴した時の印象が良くなかったこともある。

しかし今回BOSEのセレクトショップで直接聴く機会があり、
その音質は自分の求める必要十分なものであることが分かり、
こうしてM3はついにMacBookの横に鎮座することとなったのだ。

以前大手楽器店でモニターを兼ねたスピーカーとしてBOSE 101MMを薦められ、
しばらく店に通って聴き込んだことがあるが、それほど食指をそそられなかった。
最適なセッティングになされていなかったこともあるだろうけれども、
そもそも近所迷惑にならない範囲での音量では
101MMの性能は発揮できないのかもしれない。
折角の高性能スピーカーでも防音室で鳴らせるわけではないのだ。

その点、このM3は小音量でも十分良い音が出る。
もちろん音量をある程度上げても破綻しない。
大音量が出ない、20Wのパワーが感じられないという話も耳にしたことがあるが、
マンションの一室で聴く分には十分すぎる出力を感じられた。
側面のトンネルを覗くと前後の振動板が激しく震えている様を見るのが面白い。

今後、このスピーカーがエージングでどのように変化していくのか、
とても楽しみだ。
ただMacBookのヘッドホン端子にそのまま繋ぐのは少し寂しいところ、
USBオーディオデバイスや光接続のDACの追加も検討してみたい。
少々のコンポとなら太刀打ちできるオーディオ環境を構築するつもりだ。
PR

2007/07/18 05:19 | Comments(0) | TrackBack(0) | ハードウェアのはなし

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<iPhone × YouTube は貧弱な Safari への免罪符? | HOME | 更新を再開します>>
忍者ブログ[PR]