忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/10/24 10:53 |
丸→四角→・・・次のAppleの筐体デザインは!?
Mac のハードは特に最近のものなら、
パソコンにそんなに関心の無い人でも
一目で見分けられる様な個性的なデザインをしています。
デザイン優先の結果、拡張性を犠牲にしていたり、
排熱に問題があったり、爆音を立てたりと
機種によっては生まれながらの欠点を抱えていたりするので、
万人にとってこの個性的なデザインが最良ではないでしょうが、
個人的には Mac のデザイン性の高さは大変気に入っています。

さて、個性的な Mac のデザインですが、
近年は丸から四角への変革を起こしている様な気がします。

丸かった Mac は例えば初代・2代目の iMac 。
それにPowerMac G3(Blue & White) に PowerMac G4 。
Pismo こと PowerBook G3 や初代 iBook などのノートや
初代 iMac に付属していた丸い形のマウス、それに AirMac まで
当時の Apple 製品はとにかく丸い形を強調していました。

しかしまずはノート陣営が揃って四角いデザインに移行。
一方のデスクトップマシンは PowerMac G4 Cube で片鱗を見せ、
その後の PowerMac G5 は極めて四角い印象を与えるものとなりました。
近年は iMac、Mac mini、それに AirMac Basestation までもが
四角い方向に統一されていっています。
勿論各機種、角が取れていて厳密には四角ではないのですが、
しかしどちらかというと、やはり四角いのです。
四角い方がスペースを無駄にしないのは明白ですが、
一方でデザイン的な面白さは若干削がれてしまいます。
例えばスタジオディスプレイは現行仕様より先代の方が
Apple のイメージにあっていたような気が個人的にはするのですが。。。

もう1つ。
現行の四角いデザインはある意味"究極"です。
丸がスペースの活用の点で劣っていることが明白である以上、
一旦四角くなったMacが再び丸くなるのは難しいのではないでしょうか。
或いはこちらの浅はかな考えを一蹴する様な、
驚きのデザインのハードをAppleは今後提供してくれるのでしょうか。

果たして・・・。

関連記事(MacEnhancer)
PR

2007/04/16 01:31 | Comments(0) | TrackBack(0) | ハードウェアのはなし

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<Leopard のスクリーンショット | HOME | Leopardの延期と自信>>
忍者ブログ[PR]