忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/03/29 08:21 |
iPodのラインアップが刷新
このブログの更新もすっかりマイペースだけど、
今後ものんびり続けて行こうと思っている。

さて、iPodのラインアップが新しくなった。

iPod shuffleはカラーラインアップが変更に。
オレンジがカタログ落ちしているのが目につく。
「今最もアツい色」だとApple自身がアナウンスしていなかったっけ?

iPod nanoは動画対応に。
デザインはずんぐりムックリとした柔らかいものになった。
初代、二代目の精悍な印象は薄れてしまったけれども、
これはこれで新たな主力機種になりそう。

iPod classicはiPod第五世代の正統後継だと思う。
ただ素材にアルミニウムを新たに採用するなど、
歴代iPodと比べても傷に強いモデルとなっているようだ。
80GBでも3万円を切るなど、価格設定も魅力的。

そしてiPod touchはiPhoneから電話機能を取り除き、
一方Dockコネクタを装備するなど、
新型iPodと呼ぶべきモデルだろう。
但しiPod touchというネーミングはいかがなものか。
現在は8GBでも3万円超という高価な価格設定だが
個人的にかつてのiPod photoの様に、
値下げとサブネーム廃止の道をたどると予想する。

このiPod touchは個人的には非常に魅力的なモデルだ。
昔書いていたブログでiPodのNewton化を予想したことがある。
(http://macenhancer.blog.shinobi.jp/Entry/14/)
今回のモデルは、まさにそれを満たしたモデルと言えると思う。

iPod touchがヒット商品になること、
そしてそれが公共での無線LANの更なる普及に寄与することを願ってならない。

PR

2007/09/06 11:31 | Comments(47) | TrackBack(0) | iPodのはなし
iPhone × YouTube は貧弱な Safari への免罪符?
iPhoneは多くの人の予想通り好調な売り上げを続けているらしい。
このブログは発売のニュースをスルーしてしまったけれども・・・(汗)

iPhoneに発売直前に追加された機能が、
YouTubeの閲覧機能である。

筆者は以前、このブログの前身であるMacEnhancerにて、
LANでの写真・動画共有機能であるBonjourが、
外向けの機能として進化して、
出先での動画の閲覧が可能になればと書いたことがある(記事)。

所有するデータのLAN外での容易な参照は依然実現していないけれども、
YouTubeにiPhoneが対応したことは、
言わばどこでも動画が見れる状況が実現したわけであり、
仮にYouTubeに自分の動画を置いておけば、
出先にて容易に自分の動画を視聴することができるのだから、
自分が願っていた形に少しだけ近づいたことになる。
(尤もYouTube上にテレビ番組等をアップロードすることは
現在の日本においては非常に問題となっているが)

◆◆◆◆◆

ただiPhoneがYouTubeに
敢えて対応しなければならなかった理由は、
即ちiPhone標準搭載ブラウザであるSafariがFlash/JAVAに非対応であるからだ。
FlashやJAVAに対応していたらSafariでYouTubeの閲覧がそのまま出来たはずだ。

YouTubeに対応させましたと言うと便利さに拍車がかかった様にも思うが、
逆に言うとiPhoneのSafariにYouTubeを対応させるのが
難しいということの裏返しな様な気もしないでもない。

iPhoneユーザーはiPhoneを非常に使いやすいとしつつも、
貧弱なウェブブラウジング機能を嘆いているようだ。
(ITmediaの記事)

というわけで個人的にAppleに望みたいiPhoneの機能強化は、
Safariの改善である。
iPhone日本上陸の日(?)までに是非SafariをJAVAとFlashに対応させて欲しい。

2007/07/18 20:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | iPhoneのはなし
BOSE M3でオーディオシステム
bosem3

BOSE M3を手に入れた。
正確にはMicro Music Monitorという名前のスピーカーだ。

このスピーカーは昨年春に発売されたと同時に、
多くの注目を集めていた。
手のひらサイズのスピーカーで果たしてどれだけの音が出るのだろうか。
筆者もMacBookのスピーカーシステムとしてM3が大変気になっていたが、
5万円に届くか届かないかという高価格、おいそれと手が出せなかった。
またApple Storeで視聴した時の印象が良くなかったこともある。

しかし今回BOSEのセレクトショップで直接聴く機会があり、
その音質は自分の求める必要十分なものであることが分かり、
こうしてM3はついにMacBookの横に鎮座することとなったのだ。

以前大手楽器店でモニターを兼ねたスピーカーとしてBOSE 101MMを薦められ、
しばらく店に通って聴き込んだことがあるが、それほど食指をそそられなかった。
最適なセッティングになされていなかったこともあるだろうけれども、
そもそも近所迷惑にならない範囲での音量では
101MMの性能は発揮できないのかもしれない。
折角の高性能スピーカーでも防音室で鳴らせるわけではないのだ。

その点、このM3は小音量でも十分良い音が出る。
もちろん音量をある程度上げても破綻しない。
大音量が出ない、20Wのパワーが感じられないという話も耳にしたことがあるが、
マンションの一室で聴く分には十分すぎる出力を感じられた。
側面のトンネルを覗くと前後の振動板が激しく震えている様を見るのが面白い。

今後、このスピーカーがエージングでどのように変化していくのか、
とても楽しみだ。
ただMacBookのヘッドホン端子にそのまま繋ぐのは少し寂しいところ、
USBオーディオデバイスや光接続のDACの追加も検討してみたい。
少々のコンポとなら太刀打ちできるオーディオ環境を構築するつもりだ。

2007/07/18 05:19 | Comments(0) | TrackBack(0) | ハードウェアのはなし
更新を再開します
どうも気負ってブログを書くと続かない。
最近Mac関連のネタが乏しかったこともあり、
前のブログであるMacEnhancerから
折角MacEnhancer2にバージョンアップしたのに、
更新が早々と途絶えてしまったのは情けないところである。

MacEnhancer3にいっそまたバージョンアップしようかとも考えたけれども、
Macの情報に限らず、Macを中心とした多方面のブログとして、
ここで更新を再開しようと思う。

不定期な更新になるだろうけれども、宜しくお願いします。

2007/07/18 05:03 | Comments(0) | TrackBack(0) | おしらせ
Leopard のスクリーンショット
先日、10月への発売延期が発表された、
MacOS X 10.5 Leopard ですが、
Think Secret にて開発者向けである build 9A410 の
スクリーンショットが公開されています。

Think Secret
- Gallery: Mac OS X 10.5 Leopard build 9A410

(ギャラリーはJump directly to the Leopard 9A410 galleryをクリック)


2007/04/16 12:18 | Comments(0) | TrackBack(0) | Macのはなし

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]